機能性抜群!小物から取り入れよう!

作業服はオシャレと機能性を兼ね備えている!

作業服とは別名「ワークウェア」とも呼ばれ、作業や労働の際に着用する衣服のことを言います。会社や工場などで指定されていることもあり、様々な機能を兼ね備えていることが特徴です。日本では江戸時代からとび職人は、股引き姿でした。高所での安全対策のために普及したと言われています。また、現代の日常ファッションにも、多く取り入れられているデニムやオーバーオール・つなぎなどは、作業服に分類されます。近年作業服は、「ただ作業をしやすい服」という枠を超え、機能性やファッション性も持ち合わせ、洗練されたスタイリングやデザインなど、多彩なバリエーションが多く存在します。また、女性専用の作業服シリーズも登場し、ますます作業服の需要が高まってきています。

作業靴ならプライベートでも履ける!

作業服を日常生活でも愛用したい場合、まずは靴から取り入れることをおすすめします。一般的なスニーカーのように見え、作業中だけでなく通勤時やプライベートでも活用することができます。ひもを結ぶタイプのスニーカーなら、ひもの結び具合でフィット感を調節できますし、ひもが劣化しても交換して使用することができます。マジックテープタイプのスニーカーなら、軍手や手袋をしていても脱ぎ履きしやすく、靴ひもが絡まる危険がありません。軽量・蒸れにくさなど、履く人のことが考えられている商品が多いです。また、女性ならではのサイズ感や、シルエット・デザインなどにこだわった、女性専用の作業服シリーズも登場し、話題を呼んでいます。

作業着の通販サイトが増えています。通販サイトの作業着は、作業着とは思えないほどのカッコよさ。そのまま外出着になるものが多く、いろいろな場面で活躍します。